記事作成者

3月29日 11:17

「現場」に行ってないウェブ制作会社を信用しないこと。

「現場軽視」な制作会社の見極め方

もし御社がホームページ制作の相談や依頼をしようと思っている会社があれば。

初回や2〜3回目の打合せのとき、あるいは契約の直前でも、ひとつ確認してみてください。

「当社の商品は召し上がっていただけました?」

「弊社のお店には一度足を運んでいただきましたか?」

「資料請求はしていただいたことありますか?内容はどうでした?」

「使ってみていかがでしたか?」

つまり、

「実際のサービス=現場に触れているか」「身銭を切って自社を知ろうとしているか」をチェックするんです。

口だけ業者を見極めろ

ホームページの制作会社が陥りがちなのが「現場に行かない」こと。

IT系の人たちは、Google様でさまざまなことがわかるからというクセがついており、なかなかデスクの前から動こうとしないのです。動いてないことにも気がついていません。

オンラインミーティングや直接のプレゼンテーションなど、WEB制作における話は慣れているため、自分サイドの話は得意ですが、現場を軽視いや無視している会社のなんて多いことか。

口だけの業者を見極めるのに、きちんと「現場度」を確かめる。「現場に行ったか、買ったか、乗ったか、泊まってみたか」など単刀直入かつ突然聞いてみましょう。

現場に答えがある

ホームページ制作はいかにもバーチャルなウェブ空間の話で、現実世界とは異なるものだと思われがちです。

ところが、ホームページ制作における答えやヒントは、実は現場にしか落ちていません。

たとえそれが数年前に行ったことあるラーメン屋さんのウェブサイトでも、もしサイトを作るとなれば「今を見に行く」ことが大切なのです。

そこでお店の現在の空気や味、客層や味、メニュー、ホームページでは公開されないお手洗いの清潔度、駐車場の有無、最寄り駅の乗降具合、さらには近隣の競合調査などなど、現場には答えとヒントが溢れています。

これが飲食店でなくとも、顧客となるであろう会社の資料請求や無料体験、カウンセリング、会員登録やダウンロード、アプリへの課金などのサービスの「使用感」を体験しているか。また、ライバル会社の競合調査においてもインターネットの情報のみでなく、自らが体験することを重視しているか。

ホームページとはあくまでWEB上にある「窓口」に過ぎす、そのサービスの実態、本物を知らずしては作ることはできません。

課題を共有できる関係に

クライアントのサービスを購入したり、体感したりするのも大事ですが、制作会社としてはその感想を「良いところ」「悪いところ」として整理できているかも大事です。それは最も大事な「要件定義」に直で関係する話。

現状の課題、問題点をクライアントに忖度なしに伝えることができ、内容の改善やアドバンテージのさらなる強化を話し合えるか。

ホームページの依頼側と受託側が足並みを揃えるというのは、単なる意気投合という幼いものではなく「課題を共有」することにあります。

このためには、クライアント側にも「必要以上に気を使わせない」「接待モードにさせない」「丸投げしない」努力が必要。いつまでもお客モードでいると、それは間接的にウェブ制作業者を萎縮させることにつながり、制作会社はご機嫌を取るほうに神経を使い結果的に「当たり障りのないもの」「お客が満足するだけのもの(消費者目線ではないもの)」しか出来上がりません。

業者側はただでさえ「お客様がご機嫌ななめにならないように」という余計な負荷を常に感じています。足並み、目線をそろえないと、制作会社は仕事自体にも前向きでなくなり、さっさと終わらせたいモードに入るわけです。

ホームページ制作は困難な共同作業

現場重視の制作会社、お客サイドの理解、双方の前向きな姿勢がホームページの質を高めます。

いわばウェブ制作とは「発注側と受諾側」の「双方の赤の他人同士」が「数ヶ月にも渡って」「モノづくりをする」という困難な共同作業。

見ず知らずの両者の歩みを揃えることは、何より重要なのです。

特に制作時が始まってからのディレクターの存在は命運を左右します。

その、盲点となるディレクター問題については、ホームページ制作会社と契約・発注する前には必ず「ディレクターが誰か?」を確認しておくと安全です。

copied