ゲンナリしかない「会社のスローガン」

年度の始めやWEBサイトのリニューアル時に、会社が新しいスローガンを発表することがあります。

例えば、

「今期は基本に立ち返り『お客様第一主義』です」

「笑顔のある毎日という想いを込めて『Good Smile,Good Life.』に決まりました!」

会社員にいると、一度くらいはこのような、げんなりするキャッチコピーのお披露目に遭遇することがあるでしょう。

果たして、このようなスローガンというのは社員の意識向上にどれくらい役に立つものなのでしょうか。

結論、影響は皆無です。

なぜ効果ゼロのスローガンが誕生するのか?

スローガン策定の打ち合わせをする人たち

こういったスローガンは、社長はもとより幹部や担当者が、ブランディング企画の会社やホームページ制作会社と話をし決めていきます。

もちろん、企画する会社は金になるのでこういった意識向上に寄与するという「商品」の効果と成功例を並べ、いかに必要であるかをプレゼンする。もはや「幸せになる壺」を売るの変わりありません。意味のないブランディングにお金を払ってはいけません。それなら社員に1,000円づつ、1万円づつなど臨時ボーナスを配ったほうがモチベーションが上がりますよ。

違ったパターンでは、業者を挟まずに自社の社員にアンケートを取ったり、数名のプロジェクトメンバーで社内の意見を取りまとめてスローガンを決定することもありますね。この場合は壺を買うような悪徳商法こそ回避できていますが、そこに時間をかけるほど会社がヒマだった覚えは誰にもないはずです。やらされるほうもたまったものではないわけですね。

こうして「なんとなくあると良さそうだから」完成したスローガン(タグライン、キャッチコピーなどとも言われます)はWEBサイトであったり、会社のノベルティグッズなどにも刻印されます。

しかしブランディング会社やWEB制作会社が言うような「社員の意識向上」「ステークホルダーへのアイデンティティの訴求」なるものに効果があるのかは、この記事を読んでいるあなたが自身の経験に照らしわせてみると答えは出ていますね。

お金も時間もかけず効果も期待しないのが大人

冷静な雰囲気のサラリーマン

社長や上層部がこだわって決めた「言葉」に、一般の社員が心躍り、自身の会社に誇りを持ち直すかと言うと、日々の仕事で「それどころではない」「勝手にやっててくれ」というのが本音。

もちろん、聞かれれば「これ、いいですね」くらいは言うでしょうけども。

ぜひとも、スローガンを決めた上層部や制作会社に「あなたが一般社員だったとき、会社のスローガンが決まって労働意欲が高まりましたか?」と聞いてみたいところ。

ここで問題にしたいのは、こういった会社のブランド向上のための努力を「全て意味がない」という結論ではなく「現実的な視点を持つ」ということです。

「お金と時間をかけてまでやることでは全くない」

「効果を期待するのがナンセンス」

「あくまで会社の装飾を整えたに過ぎない脇役」

という現実を知っておくことが大事。

会社に浸透などしないのがスローガン

帰宅途中の会社員たち

会社にスローガンがないのは寂しいかもしれないですし、目標がない会社というのも問題です。そういった理由から、上層部がそれっぽいものを作ること自体は必要という意見も正しいでしょう。

ただ、あなたが何らかの社内グループのリーダーや部門長、あるいは社長だったとして。

「スローガンにもあるだろ」「目標を掲げたじゃないか」なんていうお説教が成立するほど、会社には浸透しない、するわけない現実を知っておきましょう。

特に個人主義のこの時代、若い世代にスローガンごときで求心力を発揮できるわけはないのです。

会社の魅力は、スローガンなどでは上がることもなく、時間をかけて決めても、誰も気にしないものなんですね。